12shi-title.gif
人には生まれた年の干支にしたがって守護神がついています。
CONCENT・CULTUREのつくる家には十二支の守護神が住まい手の暮らしを守ってくれます。

12shi-01.gif

紀州の木

お爺さんの時代に植えられた苗木が息子の代で育てられ、孫の代にやっと山からおりてくる。製材から乾燥まで一貫生産するから実現される品質確保されたトレーサビリティ。紀州の杉・桧は樹齢50年~65年で最高の強度に達します。家は築50年~65年大事にすることで森と共存することが出来ます。

12shi-01b.gif

12shi-02.gif

地産地消のセルロースファイバー

原料は捨てられるはずの新聞紙。セルロースファイバーはその新聞紙をリサイクルした自然素材です。木質繊維による優れた断熱性能に加え、その素材の性質から調湿機能・吸音効果も抜群。施工はCF(セルローズファイバー)マイスターによる確かな技術で隙間無く施工します。夏涼しく、冬あったかい家の立役者です。

12shi-02b.gif

12shi-03.gif

愛知県産材パネル

愛知県の間伐材を有効活用して作った杉の三層パネル。クロスさせて三層にすることでパネルの強度を確保しました。また巾ハギにすることで木材を残すこと無く利用できます。近くの山で育った木を少しでも自分達の家に使おうという熱い思いで作られたパネルがこのJパネルです。木を見上げるように、家の中を見上げるとそこにJパネルが見えます。

12shi-03b.gif

12shi-04.gif

高機能調湿材
MPパウダー・Nature・Wall

珪藻土が調湿するという情報を鵜呑みにしている方がたくさんいます。しかし、それは間違っています。数ある珪藻土の中で調湿性能がトップクラスの珪藻土。化学物質0%、天然素材100%の壁材。採掘地は北海道稚内地方から採掘された珪藻土のみを使用しています。家の中にある湿度は体感温度に大きな影響を及ぼします。その調整役がこの高機能調湿材です。また役割を終えた時、100%天然素材は土に還ります。いつか自然に還してあげましょう。

12shi-04b.gif

12shi-05.gif

ガルバリウム鋼板・
カルクウォール

外部環境から家を守る外装材。その外装材には優れた耐久性が要求されます。通常の鋼板の3~6倍の耐久性を誇るガルバリウム鋼板と100%天然成分の本漆喰カルクウォールが大切な家の外装の美しさを守ってくれます。耐久性に優れ色褪せないガルバリウム鋼板といつまでも白いカルクウォールのコントラストが街を彩ります。

12shi-05b.gif

12shi-06.gif

天然ホウ酸防蟻剤
エコボロンPRO

普段目に見えないところも誰かが家を守ってあげなければいけません。その普段目に見えない場所の代表格といえる床下を天然ホウ酸防蟻剤がシロアリから守ってくれます。ホウ酸は揮発性が無いため吸入の危険がありません。また、雨水にさらされない環境では半永久的です。数年すると揮発してしまい効果が無くなる防蟻剤は使いません。まさに縁の下の力持ちが家を長きに渡り守ってくれます。

12shi-06b.gif

12shi-07.gif

国産桧・杉・赤松の
無垢フローリング

靴を脱ぐという日本人の文化。住まい手にとってもっとも体に触れている時間が永い場所が床です。掃除がしやすいとか傷が付きにくいという床材がたくさん出まわっていますが、最も優先すべきは何でしょうか?床こそ自然素材そのものを使うべきだと考えて、国産桧・杉・赤松の天然素材100%無垢フローリングを採用しています。大人の方は足の裏から、赤ちゃんは体全体で木のぬくもりを感じて下さい。

12shi-07b.gif

12shi-08.gif

自然塗料リボス

多くの自然塗料に使われている溶剤(主成分を溶かす液体)は天然成分ではありますが、アレルギーを引起す可能性もあります。天然成分だから大丈夫という考えではなく、天然成分でも健康に害があれば使わないというコンセプト。食品基準で作られた自然塗料が住まい手と木材をいつも繋ぎ合わせてくれます。ぜひ床にゴロンとしてみてください。

12shi-08b.gif

12shi-09.gif

防湿フィルム

日本の住環境において、絶対に無視することが出来ない現象が結露です。結露のメカニズムはここで説明出来るほど単純ではないのでお会いした時にご説明します。ひとつ言えることは防湿フィルムの要らない家は無いということです。結露がカビを発生させ、家を腐らせます。それを必死で守ってくれる防湿フィルム。施工後は家族と顔を合わせることがなくなってしまう防湿フィルム。せめて姿を隠してしまう前だけでも彼の話を聞いてやって下さい。

12shi-09b.gif

12shi-10.gif

結露を防ぐ開口部

人はなぜ衣服を身にまとうようになったのでしょうか。勿論個性やファッションなどの意味もありますが、身を守るという意味は欠かせないところでしょう。衣服で覆った部分が家でいうと外装材を張った部分とするなら、顔や手など衣服で覆われてない部分が家でいうと窓・玄関などの開口部です。そこは外から風や光を取り入れる大切な場所です。しかし、それは身体でいうと剥き出しになった肌と同じです。家の肌年齢をいつまでも若々しくすることが、結露を防ぎ家の寿命を長持ちさせることに繋がります。

12shi-10b.gif

12shi-11.gif

耐震ボード ダイライト

地震・雷・火事・親父。これは冗談として、現在の住まいから守るべき相手は、地震・台風・火災です。家を箱だとイメージして、点で支える筋交いと面で支えるダイライトでは変形率が約25%も軽減されます。材質は無機質素材なので燃えにくく万が一の火災からも守ってくれる為、延焼を食い止め避難する時間的確保もしてくれます。まさに外敵から我が家を守る番犬として家族を支えています。

12shi-11b.gif

12shi-12.gif

地中熱利用計画換気システム

ある日法律が変わりました。室内の空気を2時間ごとに全て入れ替えることを義務付けたのです。住まい手の健康を守るために出来たこの法律を、未だ真剣に守ろうという住宅会社がなんと少ないことでしょう。聞きざわりの良い言葉で巧みに住まい手をあざむきます。我々は第一に住まい手の健康を考えます。いったい一日にどれだけの空気を体内にいれるのでしょうか。この換気システムは空気環境をいつも守ってくれると同時に、床下の地熱を利用するという優れ者。自然のチカラをちょっと拝借して、思いっきり深呼吸しましょう。

12shi-12b.gif